介護事業の広がり~フランチャイズでビジネスチャンス~

フランチャイズの介護

介護におけるフランチャイズ

nursing

従来、フランチャイズといえば、ファストフードなどの外食産業や、コンビニなどに多く利用される事業形態でした。フランチャイズの本部から商号や商法を借り、加盟者が新規に開店する形態です。このフランチャイズに、最近は介護の分野が進出しています。開業に必要な資金は、フランチャイズの形態や分野によって異なりますが、数百万は必要です。介護の分野でも、200万円から1000万円程度は必要となっています。日本は現在、超高速で少子高齢化が進んでおり、介護が必要なのに介護する者がいない(少ない)高齢者は、確実に増加します。そのため、介護の分野は、今後安定して成長する業種といえるでしょう。また、行政の助成金などが受けられることもあります。

開業にあたって注意するべき点

どのフランチャイズにもいえる注意するべき点は、きちんと計画を立てて、業種の将来性や適性があるかを考え、資金を用意することなどが挙げられます。特に介護に必要なことは、介護に関する知識と、介護に必要な体力や精神力を持った従業員を集めることです。介護は、重労働であるにも関わらず、報酬が少ないため、離職率の高い分野となっています。といって、従業員への報酬を高くすると、経営に行き詰ることも考えられます。また、高齢者に対する奉仕精神は必要ですが、それを最優先するあまりに、経営者側の生活をないがしろにしては、長続きしません。奉仕とビジネスという、ある意味対照的な二つのことを、バランス良く両立する必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加